生地素材について

当店で取り扱いのあるオリジナルウェアの生地素材についてまとめました。服選びに迷った際に是非ご参照ください。

編み織りについて

編み(カットソー・ニット)

編み(カットソー、ニット)

編み

「編み」で作り出された生地は「カットソー」(編み物、ニットとも)と呼ばれます。

編物とはループを作り、そのループに次の糸を引っ掛け(結び合わせ)連続してループを作り形成される編地です。
織物が1段ずつ布地を作っていくのに対して、一目ずつ生地が作られていくのが特徴です。
縦横に伸縮性があり、通気性が高く、シワになりにくいといった性質を持ちます。

織り(布帛)

編み(カットソー、ニット)

織り

「織り」で作りだされた生地は「布帛(ふはく)」(織物、テキスタイルとも)と呼ばれます。「布(ふ)」は植物性、「帛(はく)」は動物性を意味します。

たて糸とよこ糸が交じわり、糸が密着して織地が形成されます。
生地の密度が高いため張りがあり丈夫ですが、編みに比べてシワになりやすい、通気性が低いといった性質があります。
(これらは織物の全般的な性質になります。使用する糸の種類や、織り方によって様々な特徴があります。)

編み織りの種類

天竺編み

天竺編み

よこ編みの基本的な編み方で、正式名称は平編み。俗称で天竺と呼ばれています。
表側の編み目はV字型に、裏側の編み目は半円状に見え、表と裏の外観が異なるのが特徴です。
横方向の伸縮性が高く、Tシャツによく使われています。

ポリエステルメッシュ

ポリエステルメッシュ

ポリエステル100%で、薄くて軽い、速乾性に優れているなどの特徴を持ちます。
メッシュの細かい凹凸や透け感が着心地や通気性の良さを感じさせてくれます。主にドライTシャツに使われます。

鹿の子編み

鹿の子編み

平編みの変形組織の一つで、平編みとタック編みが交互にくる編み方。 鹿の子絞りの織物に外観が似ていることからこのように呼ばれます。
肌への接触面が少ないので通気性に優れ、快適な生地としてポロシャツ等に使われることが多い素材です。

オックスフォード

縦糸と横糸を2本ずつ引きそろえ平織りした生地で、斜子織りとも呼ばれます。
2本ずつ引きそろえているため生地が厚く丈夫でしわが付きにくく、光沢があり折り目がはっきりしているのが特徴です。
通気性もあり丈夫なことから、Yシャツなどによく使われます。

高密度タフタ

高密度タフタ

タフタは縦糸と横糸を引きそろえる平織の一種で、程よいツヤがあり、薄く軽い布地の割には固さと張りがあります。
一般的に、リボンや女性用の服地に用いられるほか、滑りもよいことから衣服の裏地や洋傘地などにも使われます。

最近見た商品

Copyright 1998-2018 Hankoya.com, Inc.